文字サイズを変更:

修光学園グループ 事業所紹介

 修光学園(生活介護・就労継続支援B型)

修光学園外観修光学園は、1985年に日本福音ルーテル修学院教会内で活動が始まった修学院学舎を母胎とし、1987年に社会福祉法人の認可を得て、1988年に修学院離宮も間近な左京区修学院に開設されました。民間法人が設置した同種の施設としては市内で3番目となります。

修光学園のグループには、HOLYLAND、飛鳥井ワークセンター、ワークセンターHalle!、修光学園ディアコニアセンターなどがありますが、その法人本部が置かれています。

より詳しい続きはこちら

 HOLYLAND(就労支援継続B型)

holyland外観HOLYLAND は、京都府内では初めて修光学園が取り組んだ製パン作業を更に展開するために、1994年に左京区北白川にベーカリー&ギャラリーとして開店しました。

以来、京都府内では例を見ない本格的な店舗として活動しましたが、2001年には、製パン部門を飛鳥井ワークセンターに統合し、ギャラリーとしての取り組みを継続しました。

そして、2004年に現在地の左京区山端に移転し、「修光学園分場HOLYLAND」として生まれ変わりました。

2009年4月には障害者自立支援法に基づく新事業体系「就労継続支援B型」に移行しました。

より詳しい続きはこちら

飛鳥井ワークセンター(就労移行・就労継続支援B型)

飛鳥井ワークセンター外観 飛鳥井ワークセンターは、全国でも例を見ないと言われるスーパーマーケットとの合築で、左京区田中飛鳥井町にある「グレースたなか」の2~3階にあります。

1階のスーパーマーケットの中には専用店舗「Harvest home HOLYLAND」を設け、2階のパン工房で製造した焼きたてパンなどを販売しています。

地域社会に統合された就労の場となっているこのセンターは、国際的にも評価が高く、地域の方々とともに働き、ともに生活を築く拠点となっています。

より詳しい続きはこちら

ワークセンターHalle!(就労継続支援B型)

 ワークセンターHalle!(はれ)は、障害のあるなしにかかわらず一市民として地域の人と一緒に就労する場として、また、従業員が住み慣れた地域で家族から独立した暮らしが実現できるように、高工賃の獲得を目指して2017年4月に開設いたしました。

20年間の実績のある旧施設で築いてこられた既存の紙器加工技術を活かし、京都の土産物の箱を作る製函機2台を駆使し、紙器加工作業及び企業提携作業に取り組んでいます。

1階には、これまでに修光学園やHOLYLANDで培ってきた製菓技術を集約し、さらに本格的な製菓設備を備えた洋菓子工房と、小さな洋菓子店『茶山 sweets Halle』を2018年1月27日にオープンしました。

より詳しい続きはこちら

修光学園ディアコニアセンター(居宅介護等事業・グループホーム・特定相談支援)

ディアコニアセンター外観修光学園ディアコニアセンターは、HOLYLANDと統合・移転した修光学園修学院学舎の後を受け継ぎ、2005年4月に日本福音ルーテル修学院教会の一角に開設されました。

このセンターは、国制度の「居宅支援事業」や京都市「地域生活支援事業」の移動支援事業を行うとともに、グループホーム事業の支援を統括し、地域との交流をさらに深め、地域福祉を一層推進することを目的として活動しています。

より詳しい続きはこちら